千夜一夜物語(アラビアンナイト)のまとめ。

alwateniyah.com


HOME



70歳の古希には古希祝いをしよう


身近な人が長生きをしてくれるととても嬉しいものです。いつまでも健康で元気に過ごすことができて、自分たちにもいろいろなことを教えてくれたりすると、本当に感謝の気持ちが生じることでしょう。自分よりも年長者というのは、人生経験があったりするので、得ることも多いものです。そういった人たちから学びたいものです。

日本においては、そういった長寿のお祝いをする習慣があるために、節目とされる年齢というのも決められているものです。一般的にはよく知られるのが60歳になったときの還暦ですが、その後も古希や喜寿、米寿など、いろいろな機会があるものです。そこで家族や親戚などでそのお祝いをしてあげたいものなのです。 還暦では赤いものを贈る風習があるのですが、次の古希では紫色のものを贈る風習があります。

※古希についてもっと深く知りたい方はこちら⇒https://koki70.com/about_koki.html

紫色のものといってもさまざまですが、人によって色合いが似合うかどうかというのが異なります。薄いような紫色もあれば、濃い紫色もあります。そういったものも相手をイメージすることであったものを選ぶことができるでしょう。 具体的には古希祝いに喜ばれるものとしては、洋服やファッション小物などになるでしょう。スカーフやストールなども上手に使えばとてもおしゃれ度が増すものです。

また、少し予算を取ることができるのなら、財布やバッグなどにしてみるのもいいのです。 また、古希祝いには食事会をするという家庭も多いものです。自宅でおもてなしをすることができればいいのですが、多くは外の飲食店などを予約して、当日みんなで集まるといった形にする人たちが多いのです。周りにお祝いをしてもらう機会があることで、本人はとても嬉しい気持ちになることでしょう。

70歳というとまだとても元気で行動をするにもそれほど体に支障がない時期でもあるのです。ですから、どこかに一緒に出かけてみるというのも思い出に残るお祝いの仕方になります。ですから、お祝いをする人をイメージしながらどうすればいいのかを考えていくといいでしょう。こちらを参考にお祝いのメッセージを添えてみてはいかがでしょう?



Copyright (c) 2014 alwateniyah.com All rights reserved.

▲TOP